L-godの立呑み話

酔いどれ親父の愉快な話をきいてくれ . . .

● Calendar ●

L-god twitter ↓↓ Follow Me !!

グーバーウォーク

リンク

リンクフリーです。お知らせいただければありがたし。

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

amazonの人気商品

COUNTER

↓↓ L-godです ↓↓

Pick up Movie

最新記事

カテゴリ

★レシピだけみたい人は     ★簡単レシピから。       ★サバ缶レシピまとめたよ。

検索フォーム

最新コメント

コメントメール

お気軽にご意見メールください。拍手も同様なのですが"拍手"ポタンをクリックだけでも励みになります。よろしくね~!!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

こりゃECOだ!! カヌーで川下り!! 完全人力"T"システムとは...。

2009/11/03(火) 11:30:00

shiina-cap-2 shiina-cap canoe-carry02 canoe-carry03

L-god流カヌーで川下り!! 完全人力"T"システムとは何か!?
カヌーに魅力を感じているのは、エンジンなどの人工的な動力もなく、自力で操作して好きになところにいける。もちろん限界や物理的に不可能なことはあるが...。
動力がないということは、自分がなんとかしないとどうにもならないが、自分がなんとかした分は移動することができる。
同じ場所の一本の川でも中央と外側では違う。激しい瀬。ゆっくりとした流れ。蛇行する川の内と外では全く様子がかわってくる。しかも増水があると川の地形もかわる。季節や天候により二度と同じ流れはないから、同じコースでも飽きる事はない。
安曇野の万水川(豊科)~大王わさび農場~湧き水の支流(池)~犀川~生坂村」が定番コース。
出発まではわずか自宅から最短で約15分。こんな幸せはなかなかない。田舎暮らし万歳!! 

自転車をのっけて川下りしてると、岸からどこまでいくのぉ!? とか声をかけられたりする。
○○までぇ~!! そりゃいいね。自転車でもどってくんのぉ~!?  そうなんです!! てな具合で...。

基本的に、川はできるだけ流れに身をまかせて、木の葉のように下るより流される。できるだけパドルは使わないのが好みだ。
カヌーを漕ぐのが目的ではない。それよりか水面ぎりぎりという非日常の世界を楽しみたい。とくにカヌーでないとアプローチできないところもおおいのだ。
川や湖を覗きみるんではなく、水面から感じる世界は、風の流れや匂いも陸上とはまったく違う...。

僕は基本的にソロでしか乗らない。誰かに気を使いたくのだ。けっして人嫌いでもないし、仲間とBEER片手にわいわいといくのも楽しいと思う!!
しかし、カヌーの川下りはトランスポートをどうするか? がつきまとう。スタートとゴール地点で両方に車を置いて移動が必要になる。一人の場合は、行きか帰りのどちらかを移動手段を必要とする。
自由にどこかに上陸したり、途中のよどみで休んだり、支流や水路をさかのぼってみたり。山菜やGOODな流木を発見。木にかかってるルアーを発見したらゲット!!  あまりの気持ちいいと昼寝したりするのがスタイル。
かなり自由な振る舞いを誰かと相談するのは不自由なので"ソロ"での行動が気楽でいい。
それで完全人力"T"(トランスポート)システムを選択した!!  それは、自転車で帰るか、歩いて帰る。


canoe-carry01  
手で引くキャリーアを自転車に固定すれば高価なものはいらない。

大変だが、達成感とその余韻を味わうないは最高だ。ゴール地点をのばしたり、ここでいいやと縮めたり自由だ。気分次第の風まかせなのだ。
メールで僕が川下りをしてるのを知って、車で川沿いを探しあてて逢いにきてくれた友達もいた。
そんときは、さっさと友達の車に乗せてもらい、ご飯を食べにいったが...。自由なのだ!?

最近は自転車より、大変だが歩く方が好みだ。
犀川を下り(ダムはしょうがないが)ちょっとづつ分割して、千曲川→信濃川→日本海。姫川→日本海。など達成したいものだ。

親不知/ 
海は湘南江ノ島は漕いだ事がある。今いきたいのは新潟の親不知。
2007年に東京より安曇野に移住。高校までは四国徳島の太平洋育ち。日本海はなんかいいのだ!!
そんときは、僕の大好きな作家/椎名誠さんサインCAPをかぶっていくのだ...。

オモロ過去記事もよんでんね。
安曇野, 犀川の瀬に...。せぇ~の de 突っ込んだ!!
やっぱりいたワニガメ!! USOじゃなかった!!
怪しい探検隊。からもらったもの...!?

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中。ポチっと押してね!!

拍手ボタンもお願いね!!
アウトドア&カヌーTB:0CM:0
<< 2009's"紅葉カヌー”は雪景色!! 何はともあれ水くみから..。ホーム全記事一覧湖面からの、紅葉カヌーはちょいといいのだ!! >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lgod2009.blog54.fc2.com/tb.php/91-7ba2ae5c

Copyright(C) 2006 L-godの立呑み話 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。