L-godの立呑み話

酔いどれ親父の愉快な話をきいてくれ . . .

● Calendar ●

L-god twitter ↓↓ Follow Me !!

グーバーウォーク

リンク

リンクフリーです。お知らせいただければありがたし。

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

amazonの人気商品

COUNTER

↓↓ L-godです ↓↓

Pick up Movie

最新記事

カテゴリ

★レシピだけみたい人は     ★簡単レシピから。       ★サバ缶レシピまとめたよ。

検索フォーム

最新コメント

コメントメール

お気軽にご意見メールください。拍手も同様なのですが"拍手"ポタンをクリックだけでも励みになります。よろしくね~!!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

"南極料理人"公開. あの人と○関係だった!?-下

2009/08/23(日) 18:15:40

 nankyoku01.jpg   shushi-kazuki.jpg    nannkyoku
8月22日《南極料理人》全国公開。予告編動画は"Pick up Movie"のバナーでもリンクしてるよ。
"南極料理人"公開. あの人と○関係だった!?- 下.......????
○関係で"下"(shimo) だぁ~!?  あぁ~あ。ついに"天津木村"路線に"転身L-god"かよ...!? ネタ枯れ→下ねたトークか!? 所詮素人の呑んだくれ親父よのぉ~!? 人間としての品性は感じられなかったな~!! ちょい、ちょ~い!!  誰も否定してくれないからここでやめとこう。
鮨一機!?  南極料理人!? ここから読んだ人は意味わかんないよね。("南極料理人"公開. あの人と○関係だった!?- 上/2009.8.22からよんでね) さて気合いいれて続編の"下"の公開である。

先日全国公開された、南極料理人/堺 雅人主演。原作である西村淳氏の約1年にわたる南極観測隊の専属料理人としての実体験を映画化した。"南極料理人"。氷点下54度、ペンギンもアザラシもウイルスさえもいない。極寒の地で、究極の単身赴任のオモロな男達が繰り広げる話である。(詳しくは公式HPへ)

★話ここからだ★  上編にも書いたが、僕は本物の"南極料理人"と知り合いなのだ。残念ながら"西村淳"さんではない。その人は1967年に民間人初の南極観測隊調理担当"小堺秀男"さん。コサカイ!!??そう昼のサイコロトークごきげんよう"小堺一機さんの父上"である。東京/文京区音羽(タケシ襲撃事件の講談社) 付近で「鮨一機」という美味しいお寿司屋さんをやっていた。

昨日から今回の長編記事をどう盛り上げ、僕や愚息"STろう"と小堺一機/父/母とのエピソードを書こうかと構成を考えYouTube映像等を検索していたが手にはいらなかった。気を取り直し酒を呑みながら、よっしゃこれでいこう!! と翌日に...。
早朝"サリー"の散歩にいき。TVをつけたら。何とである。"誰だって波瀾爆笑"のゲストは小堺一機さん。ひょえ~!! 今回の映画化には小堺父は関係ないよな? これから書くエピソードとかの話はしないよな!? Ohoooo..。南極親子旅行の話。しかも愚息"STろう"と同じ年の長男"Sた"くんの手紙まで~!! 僕は興奮した!!  出来過ぎである。時代がL-godに追いついてきたのか!? 今やっと天の声が聞こえた。「あんた、そんなだから話すすまんのじゃ~!!」すんません。"下編"で終わるかどうか!?  (まだまだ長い頑張れ!!)

小堺父は1967年と1973年の2回料理人として南極にいっている。今みたいにWEBやDVDとかは無いので、とにかく楽しいこと。誕生会のイベントとか、とくに食事がものすごく楽しみだったそうだ。サービス精神旺盛な小堺父は、ある日、日本らしい食べ物を隊員に食べさせてあげたいとアイデアが!? そう"流し素麺" 南極の氷に溝を掘り、さぁ、用意はいいか~!? うきうき隊員が箸をもち待つ。
それ、いけ~!!  すると強風が....。流れ始めた素麺は、ガチ,ガチ...。瞬間にカチコチ。これじゃ"はがし素麺だ~!!  本人はよほどクヤシかったらしく、TV企画で3度目の南極。息子一機さんと親子旅で、"リベンジ流し素麺"を果たしたのだ。話は直接きていた。その様子をみていた外国の観測隊に、これは何だ!? と聞かれ。「ランニング-ヌードルだ」その国はイタリア隊である。後日スパゲティーでやったのは、当然の流れである。

観測隊は、遊びにいっているわけではない。 地下ではない地の上に約70万年かけて降った雪が氷となり約3000Mもつもっている。そのときに空気が気泡で残る。その気泡に含まれる炭酸ガス等を成分分析すると時代による大気の状態を調べることができるのだ。ドリル(写真3)で4Mの氷柱を採取するのだが、3000M掘るには3~4年もかかるそうだ。
小堺父の所属するOB会も毎年店で開いていた。時期がくると調査用の貴重な南極の氷でオンザ-ロック(日本酒)を店でいただいた。どこまでも透き通った氷の中に浮かぶ太古の時間を閉じ込めた気泡がキラキラと光る!! なんと綺麗な光なんだろう。しかもボール状の氷はおおげさではなく、長年の圧縮で、何杯呑んでもその形は崩れない。お金では買えない《一生忘れられない至極の呑みもの》であることは間違いない。それが毎年やってくる。しかも、数回、持っていっていいよと、固まりのままもらったことも。そんなときは、その足で友達と呑んだ。(その時はシングルモルト/マッカラン12年)いい思い出だ...。

今日で終わらす予定だが、無理だ!!  長過ぎる!!
話はつきないし、本日放映の"波瀾爆笑/小堺一機編"で★"リベンジ流し素麺"と上編ででてくる、父の孫"Sた"くんの一機さんへの手紙の映像は★ の編集も終わってない。
やっぱり、下編の続き第3弾になってしまった。このままだと特別編。中国語編とかどこまでもいきそうだ。 では、再見(サイチェン)...。







感動&つぶやき!!TB:0CM:0
<< "南極料理人"小堺親子?動画to○写真だよ!?ホーム全記事一覧"南極料理人"公開. あの人と○関係だった!?-上 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lgod2009.blog54.fc2.com/tb.php/47-e030e488

Copyright(C) 2006 L-godの立呑み話 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。