L-godの立呑み話

酔いどれ親父の愉快な話をきいてくれ . . .

● Calendar ●

L-god twitter ↓↓ Follow Me !!

グーバーウォーク

リンク

リンクフリーです。お知らせいただければありがたし。

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

amazonの人気商品

COUNTER

↓↓ L-godです ↓↓

Pick up Movie

最新記事

カテゴリ

★レシピだけみたい人は     ★簡単レシピから。       ★サバ缶レシピまとめたよ。

検索フォーム

最新コメント

コメントメール

お気軽にご意見メールください。拍手も同様なのですが"拍手"ポタンをクリックだけでも励みになります。よろしくね~!!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

とんでもない事態が起こってしまった。

2011/03/12(土) 16:02:05

僕の暮らす、長野県安曇野市から離れた地震だと思った。
2011年3月11日pm2:46。東北から関東にかけて広い範囲で強い地震が起こった。
そのときは僕は長野県松本市。仕事中だった。こちらの震度5。僕はそのとき車に乗っていたので体感はしていない。


saigawa

TVがない環境だったから、WEBで地震に関する情報収集すると、恐ろしい映像を発見した。
各地でビルや民家が破壊され、東北を中心にかつて見たことのないような津波の威力。

ショックだ…。すぐに息子や友人、知人の顔が浮かんだ。みんな無事なんだろうか?

いつか来る。備えなくては..。と思いつつ、どこか現実的に考えていなかった自分…。

何もかもを飲み込んでゆく、自然の破壊力に戸惑いつつもリアルタイムに伝えられる情報にTVやTwitterのTLから目が離せない。
深夜に渋谷で働く息子から、無事だと連絡がとれた…。ほっとした。
しかし、長年暮らした東京には友達や知人もおおく、みなのことが心配でたまらなかった。

朝方、新潟県との県境の長野県北部に震度6の大きな地震があった。僕の自宅の安曇野はたいした揺れではないが、悲惨な情況を伝える映像をずっと見ていると、その恐怖感は増幅する。

これは夢であって欲しい…。とうとう、ほぼ完徹。明るくになるにけて、どんどん広がる被害状況。悲惨だ。
知り合いや知人が無事か? というレベルを通り越した、日本は大丈夫なのか?


ライフラインはいつ復旧するのか? それより72時間の初期の救出活動がもっとも重要だといわれているが、2次・3次災害の心配もある。
しかも、あまりにも広範囲での被災で、救出を求めている人々に、たどりつこことすら困難な情況だ。

冷静に行動しなければならないといわれるが、災害のど真ん中にいると、自分はどうなのか、想像すらできない。

今は、何ができるのか? これ以上被害が広がらないことを祈るしかない…。
こんな時こそ、マンパワーが大切なのだ…。僕には何ができるのか、冷静に考えてみよう…。


僕はWEBマガジンの仕事をしているので、この情況でも自分の思いを綴ることも大事なんことだとおもい、このブログをかいた。

関連ブログ
『Godの思考回路』大きな地震があった
『Godの思考回路』起こったことに対して何をするのか?
ナガノナビネット・スタッフブログ 
NEWSな話TB:0CM:0
<< 最近はじめてること…。ホーム全記事一覧 餃子の店にいってきた。 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lgod2009.blog54.fc2.com/tb.php/162-20438754

Copyright(C) 2006 L-godの立呑み話 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。