L-godの立呑み話

酔いどれ親父の愉快な話をきいてくれ . . .

● Calendar ●

L-god twitter ↓↓ Follow Me !!

グーバーウォーク

リンク

リンクフリーです。お知らせいただければありがたし。

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

amazonの人気商品

COUNTER

↓↓ L-godです ↓↓

Pick up Movie

最新記事

カテゴリ

★レシピだけみたい人は     ★簡単レシピから。       ★サバ缶レシピまとめたよ。

検索フォーム

最新コメント

コメントメール

お気軽にご意見メールください。拍手も同様なのですが"拍手"ポタンをクリックだけでも励みになります。よろしくね~!!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

信州安曇野の空中散歩にでくわした!! なんて素敵なスポーツなんだ!!

2010/05/10(月) 22:03:04

NAGAMI01 NAGAMI02
ここは信州安曇野を一望できるお気に入りのスポット。この日は相棒MacBookを連れ出し、天空のオフィスで原稿整理をしようと自宅近くの裏山(かってに裏とかいうな!?)の[長峰山]933m(眼下は標高約550m)に出かけてみた。
今日はクルマで登ってきた。自宅から頂上まで15分も走ればこんな景色にこられるのは幸せなことだ。
ここなら今話題の[スカイツリー]634mより高いのだ。どや、まいったか!? 長年東京で暮らし自然いっぱいの安曇野に2007年に移住の身。思いっきりアウトドアを楽しんでいる僕は2枚目の写真中央を横切る、犀川はカヌーで川下りマイホームコースで水上は征した!!

しかし、今日、目にしたのはパラグライダー。カヌーと同じ動力源がない所に引かれるが、なによりも、我が愛する安曇野の空を散歩できるのだ。しかも、雪を抱いた北アルプスを思いっきり楽しめる...。
なんて素敵なことなんだろう。

始めはスクールかな? と思ったが、眺めてるだけでは、いられず空遊びをしてる人に話をきいた。
《安曇野パラグライダークラブ》の皆さんだった。クラブは約10年前から地元のメンバーではじめたそうだ。風を感じ、風を読む!! 長峰山の風は少しの間で風向きや強さが変化する。なんだか僕は自分が飛ぶわけではないのに、少し緊張した。いつも自宅周辺でも飛んでるのは観ていたが、間近で飛び立つのは初めて観たのだ!!ちょいと感動..。



やっぱ動画でしょ!! 「クラブの会長さんはどなたですか?」「今、飛んでった人だよ!!」会長は遥か安曇野の空にいってしまった!!
長い距離だとここから5500mの上空までのぼり群馬まで飛んでしまうこともあるとか!! びっくり!!
「えっ? 帰りはどうするんですか?」「各自、自力でもどってくるんですよ」...!!???
すごい究極の現地解散だ!! 他のかたも飛び立ったが、風向きや状態で行き先も狙いも違う!! 凄いスポーツなんだなぁ!!
まだ疑問が!? そういや飛び立つまえに「お金もったか~!!」といってた!! そう自力でバスや電車やヒッチハイクを駆使してもどるのだ!! 空中散歩の後にも凄いことが起こっていたんだなぁ~!!

僕もいつか挑戦したくなった。お聞きするとタンデム(2人乗り)でインストラクターと飛ぶこともできる。
長野パラグライダースクールで体験できるそうだ!!

ナガノナビネット










スポンサーサイト
アウトドア&カヌーTB:1CM:0

2010年GW!! 信州青木湖の素敵なカヌーイストとの出逢い..。

2010/05/06(木) 16:57:50

gw_aokiko01  gw_aokiko06
この日は2010年5月3日GW。自宅で早朝からMacBookで仕事!! そのときTwitterでいろんなフォローアーさんとのコミュニケーション。みんなどっかに出かけてる話..。羨ましい。だんだん発作が..。そう水面。水に浮かびたい。たまらなく行きたい!!もう押さえきれない。出かけるしかない。
天気も最高のカヌー日和。川下りは無理だ。僕は基本的ソロ・カヌーだ。トランスポートが必要になる。
というわけで、またまた一番身近でホームの青木湖。ここは素晴しい。どの季節に何度いっても飽きない。
さて安曇野に自宅から1時間くらいか!? やっぱGW白馬方面はクルマがおおい。はやる気持ちをおさえて青木湖へ。
このボロボロのデッキは何時もの湖アプローチポイント。少し前まで雪で通行止め。たどり着くことはできなかった。

gw_aokiko02  gw_aokiko04
ここは仁科三湖 (木崎湖、中綱湖、青木湖) 3つの湖があり、もっとも白馬よりに位置し、湖周は6,650m, 標高822m, 最大水深58m。
何時もは釣り人もすくなくほとんどいないが、今日は天下のGW!! 湖岸のキャンプ場も賑やかだ。いつもは人がいないのが好きなとこだが、今日はなんだかうきうきするくらい人がいる。といってもこんな大きな湖。人口密度はほかの観光スポットと比べれば極端に低い。大自然独り占めだ...。なんとも贅沢な話である。

gw_aokiko09  gw_aokiko10
憧れのキャンピグカーも沢山ならんでいる。羨ましいな...。
いつもと違う湖面は新しい出逢いもあった。ふだんは猿や野鳥とかの超自然児しか見かけないが今日はちがった。
そう、今日は"青木湖のお祭り"みたいなのだ!! 湖上で知り合ったカヌーイストを紹介しよう。(掲載承諾済)

haga_c02   haga_c01
●羽賀ファミリー。安曇野市穂高から可愛いちびっ子も一緒だ。カヌー歴は20年のベテランカヌーイスト。なんと15年前はカナダのユーコン川を下ったそうだ。めちゃ憧れの川だ...。今は小さなお子さん(3才&1才3ヶ月)のために安全な湖が多いとか。この子たちはきっと手のひらに水かきもでき、ハイパーカヌーイストに成長するだろう..。

kitasaki_c01  kitasaki_densuke
●北崎ファミリー。神奈川県藤沢市湘南。カヌー歴は2~3年。湘南とういことで海でカヌー?と聞いてみたが、それは危険でやってないとのこと。僕は2008年3月に江ノ島沖でカヌーを漕いだ。海はウネリが大きく川や湖と違う魅力がある。で、このワンちゃんは《デンスケ》くん。でんぐりかえしが得意なので、その名がついたそうだ!?

kapu-c01  kapu-c02
●キャンプ場に遊びにきてカヌー体験のカップル。恥ずかしいから写真だけよ!! 仲良くいきがあったいい雰囲気の2人だった。お幸せにね...!!

yamazaki_c01  yamazaki_c02
●山崎さん。千葉県出身で今は白馬在住。なんと湖畔でバイト(今日まで)で、休憩時間にカナディアンで湖上散歩。なんとも羨ましいこと。「昨日はカヤックにのってました~」と素敵な笑顔...。また出会いたいものだ。

とまぁ。何時もの自然満喫カヌーとは違うのだが、こんな素敵な出逢いはカヌーならではだ。撮影中も風で流されるのでパドルで固定しいろいろ話をした。初めてあった人たちとは思えない...。なんか感激した。

カヌーを愛する皆さんありがとう。また、いつかどこかで再会しましょう...。

gw_aokiko07  gw_aokiko08
安曇野ではほとんど観なくなった。つくしがあって思わず"カシャり♬" 夕日に映える白馬に別れを告げた...。
こんな素晴しい思い出は一生忘れないだろう...。

ハーフパンツ&上半身トップレスで1日過ごしたので、日焼けが凄い。恐るべし紫外線!!
こんどはいついこう。仕事も大事。遊びはもっと大事!! 人生楽しまないとね!!


長野ナビネット
アウトドア&カヌーTB:0CM:0
ホーム全記事一覧
Copyright(C) 2006 L-godの立呑み話 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。