L-godの立呑み話

酔いどれ親父の愉快な話をきいてくれ . . .

● Calendar ●

L-god twitter ↓↓ Follow Me !!

グーバーウォーク

リンク

リンクフリーです。お知らせいただければありがたし。

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

amazonの人気商品

COUNTER

↓↓ L-godです ↓↓

Pick up Movie

最新記事

カテゴリ

★レシピだけみたい人は     ★簡単レシピから。       ★サバ缶レシピまとめたよ。

検索フォーム

最新コメント

コメントメール

お気軽にご意見メールください。拍手も同様なのですが"拍手"ポタンをクリックだけでも励みになります。よろしくね~!!

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

月別アーカイブ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

川下りのスタートはここ!! 近いんだこれが...。

2009/10/31(土) 11:06:55

yorozi-02 shinnsui01  yorozui-03  yorozui-04

車で5分。インフレータブルカヌーの組み立ては6分。その他もろろろで4分。信号がラッキーデイなら約15分で川下り出発できるのだ!! なんと素晴しい田舎暮らし!! 田舎者万歳!! の瞬間だ..。
ここは安曇野の南穂高(豊科運動広場に駐車)憩いの池からは、こんこんと湧き水がわいている。

憩いの池の横を流れる万水川。僕の一番親しみのある川下りコース。ホームコースなのだ、ほなアウェーコースがあんのか..!? また、話が進まなくなるので、あまり深く考えないのだ。
「万水川(豊科)~大王わさび農場~湧き水の支流(池)~犀川~生坂村」が定番のコースで、四季を通じて遊べるのだ。夏はカヌーで下るグループもけっこうくる。危なくないし、コースの長さも適当だ。
daiou-suisya01 黒澤映画のロケで有名"The AZUMINO"の水車。ガン観されるけどね!!

僕は、人がいないときの方が好きなので、時間帯をずらしたりするが、新宿歌舞伎町のような人の多さではない。多いといってもほとんどいないのと同じだ。(26年間東京にいたのだ)
脱線するが、初めて行ったときは今日は何の祭りがあるのか?と思った。高校までいた徳島では"阿波踊り"のときし歌舞伎町のような大勢の人はいないのだ。話もどすのだ。

カヌー経験者はわかると思うが、この万水川(Yorozui)の土手沿いからと川からの視点では全く別の世界が展開する。
siina-cap04  椎名誠さんのサインいりCAPをかぶり、数分後にはBEERをあける!?

これから、秋冬のシーズンは春の雪解けにならないと、万水川の水位は下がる、ので、ちょいと、カヌーがつっかえることもあるが、そんなことはたいしたことではない。空気がしまってくる、これからの季節は紅葉も深まり、またまた、いい感じなのだ。
daiou-ike07 支流に入り湧き水の中州で、遊ぶ(写真/読書/昼寝)などして。

yorozui01 万水川のこんなとこを過ぎて。

canoe-saigawa01  nagamine-3w-o2 犀川にでる。穂高川、高瀬川が犀川に合流する。

とまぁこんな感じ。この後や流れのなかの動画はまたの機会にアップする。

"L-god流川下り"は、下った距離だけ、歩いて帰るというストロングスタイル。完全人力にこだわりがある。コンパクトなキャリアーにカヌーをのせて、ワッシワッシとひたすら歩く。このとき、できるだけ川沿いを歩き(道がないとこも沢山ある)ここでこんなことがあったなど、ニヤニヤ思い出し笑いしながら帰る。
たまに、歩きながらipod shuffleを聴いて、落語の与太ろうの話で爆笑したり、人情話で涙ぐんだりと、通りすがりでみると、ちょいと○○な人に思われるのだ...!?

人力はいいよ~!! 達成感がある!! 秋冬の信州/安曇野は綺麗で楽しくて、美味しいぞぉ~!?
ECO で SEKOなL-godでした。よっしゃ。今日もお金かけずにお外で遊ぶぞぉ~!!

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中。ポチっと押してね!!
拍手ボタンもお願いね!!
スポンサーサイト
アウトドア&カヌーTB:0CM:0

カヌーで川下り..!! まずは下見 de スプーンちょい投げ!!

2009/10/30(金) 14:52:00

nagamine-3w-o2 nagamine-3-sai  saigawa-taifu01  saigawa-taifu02

この長峰山(933M)から安曇野の街の眺望はどうだろうか!? 天気が悪くてこんな感じだ。これからの季節は北アルプスは紅葉がすすみ、雪化粧がみられる。空気もきりっと春夏のもやっとした風景とは違い、いい季節がやってきた。

parase01 
長峰山から 安曇野と北アルプスに向かってパラセイリング!!
いつかこんな経験もしてみたい。

長野は標高も高く、夏は涼しいと思ってきた観光客はびっくりする。真夏の暑さは半端じゃないのだ。紫外線が強いので、首筋など日焼けしやすいとこは「虫眼鏡で光を集めたんかい!?」というくらい暑い。昼間は散歩とかはしたくない。有名な松本城とか町中にいくと、息が苦しくなる!!

僕は東京のムシムシする暑さや熱帯夜はなれていた。週末はサッカーで一日中グラウンドにいたので日差しもなれていたつもりだったが、信州は太陽が近く"痛い!!"暑さだ。
しかし、湿度が低いので日陰で朝夕はしのぎやすい。ということは、もう、朝の犬(サリー)との散歩もヒンヤリしてきた。おっと、興奮して違う方に話がいってしまった。

2007年に安曇野に移住してからは、田舎暮らしでしかできない、アウトドアで過ごすことが楽しくてしょうがない。何時もカヌーやルアー釣りで、楽しませてもらっている安曇野の川。特に自宅に一番近い"犀川"先日の台風やその後の雨で、水量が一気にあがって川の流れがかわってしまた。(この日はもどっている)次に川下りするときのために、出かけついでに様子をみにいき、流れや水面下の流木がないか? などチェックすることにした。

特に、秋冬は雪解け水もなく水量が減ってしまう。大きな流れに洲ができ二股に。片方は浅瀬でカヌーを引かなきゃいけないとかもあるのでチェックしておくのだ。

今回は犀川と穂高川と高瀬川の3つの川(Photo1に説明あり)が合流する押野崎に車をとめた。僕的には犀川と穂高川の間にある万水川をいれて4つの方がなじみがある。石碑に"万水"とか刻みたいが、犯罪なのでやらないのだ。

yorozui01
「万水川(豊科)~大王わさび農場~犀川~生坂村」が一番身近なコース。
大王の水車過ぎると、そこは誰もいない、水面からみる万水川は最高に綺麗&贅沢だ!!

ugui01  ugui02  ogui-03
 青木湖でゲットしたルアーでいつも"スプーンのちょい投げ"
綺麗なウグイ捕ったどぉ~!!

高校までは四国/徳島にいたので、台風になると興奮して、太平洋の荒れた海や河口などに出かけたが、信州/安曇野の台風は内陸すぎて迫力がない、先日も徳島の友達とし話した。
しかし、リンゴ農家のひとは、風で収穫前のリンゴとかが落ちると大変なことになるので、静かな台風で良かったのだ!!??  仕事も遊びも自然相手は大変なのだ。

自然界の一番の害虫は"人類"である。
これかも、謙虚に自然で遊ばせてもらいたいものだ...。
 
blogram投票ボタン
blogramランキング参加中。ポチっと押してね!!
拍手ボタンもお願いね!!
アウトドア&カヌーTB:0CM:0

カヌーでレスキュー!! こりゃ大変だ...!?

2009/10/29(木) 12:41:55

canoe-ryu02 canoe-ryu01  kumannbachi01  動画:カヌーでレスキュー"信州/青木湖のクマンバチ"

2009夏の思い出だ..。といっても素敵な美女とムフフとかの色っぽい話ではない!?
その日は、安曇野の「万水川(豊科)~大王わさび農場~犀川~生坂村」をカヌーで川下りしようと思っていたが、いまいち川は濁り気味、どうせなら気持ちいときにと青木湖に変更!!
この川下りコースはけっこう有名なので、遠くから出かけてくる人も沢山いる。がぁしかし!? 僕には車で5分の庭みたいなとこ、一年中好きなときにいけるので焦ることはない!!  これが田舎暮らしのいいとこである。観光地をお金をつかわず好きに遊べるのだ。
もっとも僕のような都会からの移住組は自然をありがたがり、時には不便で何も無いことに感動して、カメラをもって歩いたりするが、元々の地元人は、美しい自然は空気のような存在で、あたりまえ過ぎて感動しないらしい!?
山菜やキノコ、栗は好きだが、できれば取りにいくよか、家に届けてもらいたいのほうがおおい(違う人もいるよ)。
とにかく不便が一番きらいで、にレンタル自転車で汗かき大変なおもいで走り回る観光客は理解できないらしい。

青木湖は深いとこで水深約60mもあるので、まず水が濁る事はない。しかも、風も大丈夫そうだ。自宅のある安曇野市と白馬近くの青木湖まで、車で40分ほどで到着。サクッと準備して出発。風のない湖面で苦しそうな羽音が聴こえた。
クマバチが水におっこちて、もがいていた。これも自然の摂理、魚が食べるかもしれないから、手を出さないという考えかたもあるが、落ちたばかりらしく、まだまだ生きるパワーを感じたので、オールでカヌーの上に、ちょうど拾った流木がのっていたので、そこにひとまず置いた。
濡れた羽根や身体が乾かないと飛び立てないから、日のあたるにでてしばらくプカプカと!!
いつも湖は漕ぐよりプカプカのんびりするのが好きで、寝転がって本を読んだりする。これが家で読むより気持ちがいい...。

勝手に助けて、いい人ぶる訳ではないが、達者でなぁ~と、飛んでいくのを見送った!!
動画の音楽はいい感じでメールがはいり着メロのS.R.S/Sometimes/映画"重力ピエロ"が流れた。その後カットの青木湖の静かな湖面に響く、野鳥のさえずりが、ほんとにいい。ゆったりと浮かぶカヌーの静かな醍醐味だ!!

kumannbachi02 こっちを"クマバチ" suzumebachi01 これを"クマンバチ"と呼ぶ地方もあるらしい。僕はもともと四国/徳島(高校まで)→東京(26年)→安曇野(2007~)。徳島では黄/黒の大きなのは"スズメバチ"で黒の大きいのは"クマンバチ"とよんでいた。

人間の"クマ"と"ハチ"は大好きな落語の長屋にすんでいる...。
今日は立川談志師匠でもきくかな..!?

関連記事/カヌーや青木湖のオモロなエピソードの過去記事も読んでね!!
ブラックバス捕ったどぉ~!! (信州/青木湖で犬神家の逆さ足スポットの釣り話)
たたりじゃ~!! トンボ釣ったどぉ~!! (ルアーでトンボ釣った話)
虹鱒ゲット~!! (湧き水系の川の話)

blogram投票ボタン
blogramランキング参加中。ポチっと押してね!!
拍手ボタンもお願いね!!
アウトドア&カヌーTB:0CM:0
ホーム全記事一覧次のページ >>
Copyright(C) 2006 L-godの立呑み話 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。